2006年05月03日

日産の広告「ウィングロード」のアートブック

昨年のもらったものであるが、面白い冊子なので取り上げてみよう。手にした瞬間はなんかのアートブックかと勘違い。良く見てみるとなんと日産ウィングロードのアートブックでした。


「digmeout」という大阪のFM局「FM802」が才能のある無名アーティストを発掘するプロジェクトとコラボしたアートブック。
このブックには山本才樹、藤田有吾、CHO−CHAN、松本美緒4名のアーティストが参加。それぞれの作風でウィングロードのコンセプト「FUNction」な世界を表現している。んーなんと贅沢で無駄な・・・でもなんて素晴らしい作品でしょう。この本がなければこの4名のアーティストの出会いは存在しなかった可能性が高いのだから。才能を発掘する「digmeout」プロジェクトもずっと続けて欲しいと思う。まだ銀座の日産ギャラリーに行けばこのブックはもらえるはずです。その時には無言で持っていかないで、是非笑顔が素敵なミスフェアレディから貰いましょう(笑)

日産のマーケティング活動はホントお金かかってます。WEBもかなり凄いです。動画やコンテンツばりばりです。そういえばフーガのデビュー時にも、ヒルズでイベントをやっていて豪華なDVD&CDを貰いました。

ゴーンさんはコストカッター、再生屋なんていわれ方もされてますが、結構広告のディレクションをしたり、CMの演出にも口を挟んだり(どっかの番組でやってた)もするらしい。ゴーンさんは広告を重要なマーケティング活動と位置づけているようです。トップが広告に理解あるってすごく重要です。理解がある人、理解がない人では、理解の出発点が違うのだからたとえ同じ結論に至ることになったとしてもプロセスが大きく変わってくる。僕もそういったことを実感する事がありその時の体験は別の機会に書こうと思う。
posted by ジョルジュ at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽の広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17336585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。