2006年05月19日

銀座 ZOE GINZA「マイハンブルハウス」

ところで、僕のお気に入りのブログ、AKIさんのブログでもこのレストランを紹介しています。AKIさんのブログはアメーバのピュアブログで、いつもベスト10に入っていてマーケティング用語で言うとインフルエンサーといえる方です。つい先日は2位!(スゴっ)という快挙を成し遂げた方で、記事の内容はもちろん、その表現、写真の見せ方等などなるほど人気が出るはずだ、と色々参考になるブログです。更新頻度も高いし・・・。AKIさんのブログで僕は「マーケティングの視点」で書いている、なんて紹介されてますが、実はそれほどマーケティング的な分析はしてないですね(笑)AKIさんは女性の視点で書いていて、特に料理についてはとても素晴らしい批評をされています。関心単位で人と人が繋がっていく、WEB2.0に興味のある方は覗いてみるべし!
http://ameblo.jp/sweet-aki/

「マイハンブルハウストーキョー」は昨年オープンしたゾエ銀座ビルのB1にあるレストラン。ここは日本のDENというレストラン会社が、シンガポールのレストランチェーンの会社のノウハウを得てオ−プンしたレストランらしい。


http://www.mhht.jp/


売りはなんだろう。僕が一番気に入ったのは雰囲気とライブをやっていること。丸の内TOKIAにあるコットンクラブは結構いいお値段がするからそうそう度々は行く気がしない。ちょっといいアーティストのライブチャージと食事で3〜4万くらいするので。まー高いですね。
このマイハンブルハウスはいい雰囲気の中、心地よいライブを聞きながら美味しい食事ができてそれほど高くないところが最大の特徴でしょう。この雰囲気はなかなかないので希少価値を含めてCPはとても高いと思う。


料理は「シンガポールキュイジーヌ」(←このジャンルは初めて)中華がベースのシンガポール料理だそう。好みは分かれると思いますが、こういう雰囲気はとても好き。が、もう少し料理に華やかな演出したほうが方向性がはっきりしてさらに良くなると思います。



ちなみに上の写真はフルコースで5000円

こういう雰囲気が嫌いな女性はあまりいないでしょうし、ナイトクラブ的レストランはなかなかないので、銀座という立地もあり“使える”レストランだと思います。


posted by ジョルジュ at 01:41| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 快楽のレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お呼びですか(笑
もうランキング地獄はコリゴリです。あと2週間の辛抱です。更新頻度が高いのは暇だからです(笑

こういう店、女性は好きだと思いますよ〜、もちろん。あと、私個人的になんですが、ソファーで密接できるようなテーブルは好きです。テーブルの向こうに相手がいると、会話しづらいし、濃厚な会話ができませんから。

私が再度行くとしたら、カウンターバーでライブを楽しみたいなと思います〜。




Posted by あき at 2006年05月20日 02:52
密着・・・濃厚な会話・・・なんて大人ですねー(笑)そうですねーカウンターバーでライブ聞きながら一杯、ってのが一番良さそうかも。そのワザ使える(ニヤ)
連れにあと一杯飲んでかない?なんてカウンターへ連れてく・・・それもホントに一杯だけでさらっと帰る。ジョルジュの一人脳内(妄想)遊びでした。
Posted by ジョルジュ at 2006年05月20日 03:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18007213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。