2006年05月21日

西麻布「coreeda(コリーダ)」

「コリーダ」はTULBという紳士アパレルメーカーが経営するレストラン。西麻布の「ひらまつ」のすぐ近く、そこから少し奥まった場所にオーベルジュ風の一軒家が現れる。

http://www.coreeda.com/


建物は3階建てで、1Fは回転ドアを通るとレセプションとなっておりスタッフがにこやかに歓迎してくれます。2Fと3Fがダイニングスペースだが、3Fは会員制となっていて、そのインテリアテイストは全く異なっている。2Fは南仏風の白をベースとした爽やかな雰囲気で、どことなくアリスヴィラリゾートの雰囲気を思い出す。いたるところにTULBのネクタイが飾ってあり、スタッフのコスチュームにネクタイと思いきや実はスカーフ、ナプキンもネクタイの形で、またトイレのタオルもネクタイ形でたたんであるなどアパレル会社のエッセンスを演出に取り入れている。


       
 2F(一般もOK)         3F(会員制) 

3Fは一転、ダークパープルを貴重にラグジュアリー感全開でエロさ全開!?な雰囲気。そして個室風になっていて僕は断然こっちがエロくて好きです(笑)スタッフは呼ばれない限り立ち入ってこないので、2Fよりプライベートが保てる空間。スタッフを呼ぶための可愛いマスコットの呼び鈴がラグジュアリーな空間で絶妙に“ヌケ感”を演出してます。派手な空間なんだけど妙に心地よい空間です。とても落ち着けます。


    テラス(会員制) 


その上のテラスは、オープンエアでほんとに気持ちが良いです。残念ながらランチはやってないのでこれからの季節の夜は常連になりそう。




料理はカジュアルフレンチでライトでヘルシーです。お味はもちろんとても美味しい。(←いつも美味しいで済ませるな!?ちょっと頑張ってみよう)奇をてらった感じではなくオーソドックスなんだけども変わった食材をあわせつつ味わい深い。要は演出のチャレンジだけではなく、料理としての工夫やクオリティに重きを置いているのでしょう。演出の道具はその食器です。写真だと分かりにくいですが・・・オーナーがかなり凝っているらしく(ところどころへ飾っている絵なども含め)料理とその器の調和が素晴らしいです。へーこんな食器あるんだーと感心しました。

サービスは丁寧だけでなくいろいろな気遣いをいたるところに感じます。料理の説明も丁寧にしてくれて、どのスタッフも食材のことまでよく勉強をしています。イベリコ豚がどんぐりだけ食べてるのかと思っていたらそうでもないらしい。通常の普通は70%くらいで今日のイベリコ豚は90%以上どんぐり飼育とのことで脂ののりで最高級品・・・etcまぁ僕にはその味の違いがわからないですが(笑)気分の問題ということで

チェックを済ませると、1Fのレセプションで、担当スタッフはもちろん、支配人(女性支配人でとても美しい方)、そしてシェフまで見送ってくれるなど至れる付くせりのサービスを受けられる。最後の最後まで気分よいサービスですので、ほとんどの人はここにきたらリピーターになるはずです。カシータのようなエンターテイメントで派手なサービスはないですが・・・最後まで心地よいです。ここは都会のオーベルジュ風レストランです。


posted by ジョルジュ at 01:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽のレストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。