2006年06月08日

昨日のニュースから「フジがPRIDE中継の契約を解除」

フジテレビは5日、ドリームステージエンターテインメント(DSE)との契約を解除したと発表した。同局で中継されるPRIDEやPRIDE武士道の放送がなくなることになり、予定されていた10日の「PRIDE武士道−其の十一−」と、18日の「ハッスル・エイド」の放送も中止する。フジテレビ広報部は「契約違反が判明したので本日(5日)をもって契約を解除した」としている。一方、DSEは「現在、状況を確認中でコメントできない」とした。


あー遂にこの日がやってきてしまったか・・・格闘技ファンとしてここ数年格闘技がお茶の間でメジャーコンテンツ化してきたことは喜ばしいと思っていたものの、格闘議界・・・いわゆる興行と呼ばれるイベントの裏側ではコンテンツがメジャー化すればするほど利権の争い事も激化する、という現実。歴史は繰り返す。「契約違反が判明した・・・」との一般的には理解しがたいその言い回しに格闘議界を取り巻く環境の複雑さが現れている。PRIDEの失速が格闘技コンテンツ全体に影を落とすのは避けられない。世界に通用する日本発のエンタメコンテンツが自滅していくのは本当に残念としかいいようがない。
フジテレビの判断としては株主総会を前に、色々コンプライアンスに厳しい時勢を重んじ、なくなくコンテンツを手放す覚悟をしたのは、しょうがないと思いますけどね。


一度ラスベガスでK-1かプライド(進出も当然視野に入ったでしょう)を見る夢が一つは叶わなくなってしまった。残念
posted by ジョルジュ at 01:40| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント失礼します♪(>ω・人*) なんとなく気になったので・・・また来ますね・・!
Posted by ☆冬☆ at 2006年06月11日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。