2006年05月15日

いよいよ明日 サッカー日本代表メンバー発表

キリンカップ2大会連続3位(最下位)はしょうがないとして、戦いぶりはふがいなかった日本代表。ここに経験のある中田、中村が入れば結果は違っていたのでは?という気もするが・・・


試合の主導権は握りつつ、緒戦のブルガリア戦の敗戦、スコッランドのドローと結果が残せない。昨日も惜しい場面は何回かあったが、日本が決められなかった、ということよりもリスクを犯さないスコットランドの試合運びで0-0に持ち込まれた、といった方が正解だろうか。小野はさすがに終盤長いドリブルでゴール前に切り込みシュートまで行こうとした等流れを変えるべく奮闘していた。ウェットコンディションのピッチでゴール前のリスクの高いパスはリスクがある、と判断したのだろうか?ゴール前を固めるスコットランドからは意外なプレー虚をつかれ対応が遅れていた。あのロングドリブルはリズムを変える素晴らしいプレーだった。9割主導権を握っていたとしても「判定勝ち」は決して無い。圧倒的に攻めていても一瞬のカウンターでワンチャンスを決められれば負けは負け。どうも、日本は試合運びがうまくない。コンフェデのブラジル戦のパフォーマンスはとても評価が高いが・・・善戦はしても、結局は予選敗退。ブラジルは悪いなりに結果を残した。前回優勝のアジアカップでも、ロスタイムの劇的なゴールでなんとか勝利をつかむという具合。過去に比べても時間はたっぷりあったわけで、経験不足では説明がつかない。

このチームの弱点は、試合運びの稚拙さにあるような気がする。ジーコの采配だけが原因とは思わないが、Wカップメンバー発表を明日に控え、今の日本代表に必要なのは試合の流れを変えられるスーパーサブだと思う。
 

その試合を変えるスーパーサブとして松井には是非入ってもらいたい。ヨーロッパでの経験に加え、組織のリズムで崩せないときに、個人のリズムで試合の悪い流れを変えられる技術と戦術眼をもっている。明日14:00、いよいよ代表メンバー23人の発表・・・ジーコの思惑は・・・

posted by ジョルジュ at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

フットサル日本代表VSブラジル代表in代々木

チケットSOLD OUT!なんやねん!まぢかよ!代々木に約1万人かよ!完全に甘く見ていた(泣)あー歴史的な日だったのに・・・で自分を慰めるならブラジルのエースストライカー:レニージオがいなかったこと。ファルカンの超人的なテクニックも見てみたかったけど、世界のフットサルの主流じゃないと通は言う。レニージオとファルカンは格が違うと。叩いては動き叩いては動く、動きながらフリーラーニングでマークをずらしワンタッチシュート。ワールドチャンピオンであるスペイン的プレーを駒沢で見てみたい。小暮もスペインで「良く走るようになった」らしいからどうプレースタイルが変わったか見てみたかった。

日本0-3ブラジル(大阪会場で行われた第1戦は1-6) 
スペイン代表戦もきっと近い将来実現するでしょう。今度こそチケット販売その日にGET!

posted by ジョルジュ at 21:26| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

フットサル日本代表

今日は府中で久々フットサルの大会。学生時代からのザ・おやぢチーム。その名も「FC GOLD FINGER」!大会出るの半年振りだよ半年!予選2分1敗で予選敗退し、あまりに不完全燃焼だったので世田谷に行き再びフットサル。練習試合とか紅白戦とは違うのだからもっと大会に出なくては。でも久々の大会で楽しい1日だった。そういえばフットサルにBIG NEWS。
  

フットサル日本代表が5/3、5/5にブラジル代表と対戦する。それに・・・つい先日にとうとう日本リーグ設立の概要が発表。フットサルがさらにメジャーに・・・本当に喜ばしいこと。幸いフットサルは日本人に向いているスポーツでこのまま強化を続けていけば日本代表は相当強くなるはず。代表が強いスポーツはメジャーになるという法則もフットサルのメジャー化を後押しするに違いない。サポートする代理店はD社なのかH社なのか!?そのうちスポーツマーケティングについても書きたい。フットサルはやっても楽しいスポーツだけど、スピーディーで技術溢れる攻防、チーム戦術も色々あり見ても楽しいスポーツです。
 


 

 
posted by ジョルジュ at 23:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

スポーツとファッション

つい先日青山〜表参道〜渋谷あたりをブラっとしてみた。
まずはフットサルウェアの専門ショップ「ジョガボーラ」へ。
このショップはフットサルの競技に着るウェアというよりも、
普通に街でも着れるようなアパレル商品をメインに扱っている。
ブランド×ショップのコラボ商品や、ダブルネームブランドコラボ商品など
オリジナル性も高くお気に入りのショップ。
JOGARBOLA×fiel×amadorのロングTシャツを購入
 ジョガボーラT
好きなホワイトのT。ロゴの配色、バランスもパーフェクト!
 
しかし、フットサルのアパレルの充実度は結構すごい。
フットサルをはじめたのは5年前であるが、
その頃にはシューズもウェアもそれほど多くなかった。
が、競技インフラの拡大と人口の拡大につれ
今ではびっくりする位充実している。
中でも渋谷パルコクアトロの「ギャラリー2」はすごい。
なにしろ1階ワンフロア全部がフットサル!サッカーは2階へと追いやられている。
通称ギャラ2
そしてプランタン銀座なんかにもフットサルブランドが入っていたり・・・
ちょっとしたブームである。あのOLの神殿にフットサルである。
 
最近ではハロプロがガッタスというチームを作り
カレッツァというサンズの野田社長が率いるチームや、女子アナまでチームを作っていたり。
スカイラークがスポンサーになり、スカイラークカップなる大会まで開催している。
TVや雑誌でも露出が度々されているから知っている人も多いと思う。
 
スポーツにとってファッション性の高さはマーケティングの大きな力となる。
当然そのスポーツをやる人だけでは当然マーケットには限りはある。
競技をやらない人、そして女性まで視野に入れると
「カッコいいかカッコよくないか」ってとても大事。 
 
スポーツファッションの流行を背景に 
フットサルはスポーツというだけででなく、
ひとつのファッションジャンルとして確立されたのではないだろうか
競技としての魅力からファッションとしての時代性が
フットサルのブームを支えている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ジョルジュ at 00:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

WBC日本優勝!

You didn't have to ask which nation plays the best baseball.
(CBS TV)

どの国が一番野球が強いか尋ねる必要はない
さすが海外メディア実にお洒落な言い回し

WBC優勝!
 
 かたや日本の報道
「王ジャパン世界一」・・・う〜ん

「イチロー世界の頂点へ」・・・そのままじゃん!
何のひねりも何もない(笑)
 
こんなしゃれた言い回しをする国民に女性の口説き文句でかなうはずもなく・・・ 
日本人が赤面する台詞を堂々言えてしまうのだから
そっち方面では日本人まだまだ修行が必要ってこと
 
でも、とにかくよかった。
2次予選1勝2敗だからなぁ
韓国なんてそれまで全勝だからくやしいだろう
何でも日本をライバル視するお国柄、

2回も日本に勝って、死体の日本が優勝なんだから
 
かつては30%くらい視聴率をとっていた巨人戦が昨年は10%!? 
もう野球は終わったかと思っていた
 
でも、野球ってジャンルは
まだまだエンタメコンテンツとしてポテンシャルがあるってことが

今回証明されたってこと
久々野球見て純粋にハラハラ、ドキドキで楽しく見れた

posted by ジョルジュ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

フットサルチームと組織マネジメント

代表を務めるフットサルチームの代表を降りることにした。
はじめたのが2年前の2月だからちょうど2年間。

もともとの友達で始めたといのではなく、フットサルをやっている場である奴と出合ったのがきっかけ
シュート!.jpg
↑イメージはロナウジーニョ!!
これがまた驚くほど境遇が似ていたので意気投合するまで時間はかからなかった。

お互い現状やっているチームはエンジョイ志向で向上心が薄い。
サッカーやっていた奴が幅を利かせて、自分がやりたいフットサルができない!
じゃいっそのこと自分らで新しいサルチームをやっちゃえと

チームは順調に成長して2年間でメンバーは20人以上になった。
活動はだいたい週に2日、社会人には仕事とフットサルでぎりぎりの生活

練習だけだったらまだいいが、代表だからやることは無限にある。
手を抜こうと思えばいくらでも、なのだが完璧主義の性格ゆえこれは仕事か?
と思うほどチーム作りに没頭した日々であった。
コートの手配、練習試合のコーディネート、大会のコーディネート・運営
ユニフォームつくったり・・・ネーミングやロゴのデザインもこだわって
しかも監督も兼任!誰かがやらないとまとまらない、から。
そうした苦労はやれば出来るわけだから嫌だとか全然思わなかった。
でも、一番苦労したのが人間関係。
いろーんな人間が20名も集まってりゃ意見の違いや感覚の違いは山ほど出てくる。
歳も仕事の環境も感性がそれぞれ違うんだからそうは簡単にはいかない。 
自分の意思をあの手この手で組織に浸透させて組織の利益を判断基準に組織を動かしていく、
ってのはものすごーく勉強になった。
単にはいかないこそ、やってだめだったら次は違うやり方、話し方、人の接し方・・・
いろいろ試して、ちょっとづつ目標に近づいていく。
どれで苦労して結果が出せたときはホント嬉しい。ある意味会社よりも濃い!?2年だったかな
この2年で組織を動かすために自分が感じた大切なことはまずは誰よりも情熱を持っていること、これは当たり前。

方法論として大事だと思ったのは次の3つ
1.明確なビジョンとアクションプランを持つ
2.一人ひとりのモチベーションを上げる
3.運営資源を良好に保つ(選手獲得、運営費・・・)
小島ファッションマーケティングの
小島さん氏の論文の中参考になる文章があった。

彼は理想的なCOOは3つの顔を使い分けろ、と。
つまり・・・クリエイター、ヒューマニスト、コストカッターの顔を自在に使いこなすのが、理想的なCOOだと
でそんなCOOはストレスが当然溜まるから趣味を持てなんてご親切に小島さんは言っている。
浅田真央ちゃんみたいな愛らしさ!?杉本彩みたいなエロさ!?
これだけでも激しく矛盾するのに・・・おまけに矢田亜希子みたいな清楚さ!?
なんて全部両立できるワケないと思うが、
それでも最初からひとつの顔に徹して決断を下すよりも
3つの顔でぎりぎりまで葛藤して決断した結論は違うだろうと。
言うは易し行うは難し、それは理屈じゃなくて人間力という気もするが・・・
かがフットサルだけど2年間で感じたってことは
まさにマネージメントの苦しみと快楽だったのだろう
posted by ジョルジュ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 快楽のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。